『だがしや楽校』を開校!

山形県長井市の中学生大使「だがしや楽校」(長井南中)が、今年も蒲田駅西口駅前広場で行なわれます。

『だがしや楽校』とは

地域の暖かい繋がりと、地域で子供を見守り「お互いを知る」という趣旨で山形県長井市立長井南中学校の2年生自身が観光大使となり、地元のPRと物販活動をいたします。
企画から準備、商品の選択、PR方法も全て中学生が行います。

2016年から始まり、来場者は毎回300人を超えるほど集まるんですよ。

なんで山形県長井市?

大田区と山形県長井市は、2016年4月12日に『災害時における相互応援に関する協定』を締結しました。
この協定は、大規模な災害等が発生した場合に、支援物資・資材・車両の提供や職員の派遣などを被災自治体からの要請に基づき行うものです。
行政レベルの提携の根幹は、今回のイベントのような民間レベルの交流があればこそと思います。

だれもが屋台のように地域の特産品などを披露し合うこの集いは、 人に伝えたり一緒に遊んだり、自分の作品などを売ったり…。 遊びと学びの自由な市場です。
出会えるはずのない地域の方との交流がはじまり、訪れる人にも元気を与えてくれる…。
社会の中で創意工夫や人とのつながりを学ぶ「もう一つの学びの場」はとても大切だと思います。

日時:2019年9月10日(火) 午後3:00〜午後5:00
場所:蒲田駅西口広場
主催:山形県長井市立南中学校(2学年修学旅行企画 )
協力:大田区 / 長井市 / 蒲田西口商店街振興組合

アクセスカウンター

  • 235今日の閲覧数:
  • 2335先週の閲覧数:
  • 6222月別閲覧数:

最近の記事

定例イベント

PAGE TOP