蒲田に咲くジャカランタの花

日本では馴染みが薄いのですが、世界3大花木のひとつ「Jacaranda(ジャカランダ)」が環八の脇西蒲田8丁目15の街路樹に挟まれて、紫の花を咲かせています。

ジャカランダは、アフリカ原産の高木で「世界3大花木」のひとつ。
葉が出る前に開花することや花の付き方が似ていることから、「紫の桜」「熱帯の桜」とも称されます。


見事です!

反対側のガソリンスタンド店の人に断って、写真を撮らせてもらい、お話も聞かせていただきました。
15年くらい前に、ここで営業していた別のガソリンスタンドのオーナーさんが植えたんだそうです。
都内では珍しいということから、SNSなどで拡散されたんだとか…。

花が咲かない年もあるそうですが、今年は4〜5房くらい開花していました。

こんな交通の激しいところでも排気ガスにも負けず、さわやかなみずみずしいジャカランダでした。

関連記事

  1. 記憶写真展
  2. ハロウィン
  3. 2013/07/01
  4. 30年間お疲れ様でした!
  5. 東口クリスマスコンサート
  6. 三連休ですね♪
  7. 駅前
  8. 大蒲田祭

アクセスカウンター

  • 418今日の閲覧数:
  • 3683先週の閲覧数:
  • 8037月別閲覧数:

最近の記事

定例イベント

PAGE TOP